【失敗回避】ヤフオク中古車を個人から購入する流れ・名義変更・注意点

ヤフオク中古車の流れと注意点【失敗しないために】

ヤフオクやメルカリでは中古車も出品されていますが、個人間でのクルマ売買は大変です。

トラブルになりやすいだけでなく、名義変更などの事務手続きがものすごくメンドクサイです。

状態のいい格安車を探すなら、手続きも楽チンの非公開車両がコスパいいです。

ヤフオク中古車購入の流れ

  1. 購入
  2. 入金
  3. 取りに行く
  4. 名義変更
  5. 自動車保険(自賠責&任意)の変更

それぞれのステップをもう少し詳しく解説していきます。

1.購入(落札)

ヤフオクで気に入った車が見つかったら、普通に落札します。購入ですね。

2.入金

出品者の都合によりますが、金額が大きいのでクレジットカードか銀行振込が一般的でしょう。コンビニ払いやTポイント払いは普通対応していません。

3.取りに行く

入金確認できたら出品者とメッセージやり取りし、クルマ(商品)が保管してある現地に取りに行きます。出品者が陸送し届けてくれることもありますが、普通は落札者が行きます。

4.名義変更

車検証とナンバープレートの名義変更をします。最寄りの運輸局に行き、数千円払うと変更してくれます。後述しますが、ものすごく大変でメンドクサイです。

5.自動車保険(自賠責&任意)の変更

加入することが義務付けられている「自賠責保険(強制保険)」と、加入してもしなくてもよい「任意保険」の名義も切り替えます。切り替えないと事故った時に保険金が出ません。

 

個人間で売買(譲渡)したら名義変更が必須

中古車を買う = 車の所有者が変わる

ということなので、必ず「車検証」と「ナンバープレート」の名義変更をしなければなりません。これが厄介です。

必要書類は以下の9点です。

  • 譲渡証明書(前所有者の署名/捺印)
  • 委任状(前所有者の署名/捺印)
  • 印鑑証明書(前所有者の発行3ヶ月以内)
  • 印鑑証明書(新所有者の発行3ヶ月以内)
  • 車検証(前所有者から引き継いだもの)
  • 車庫証明書(新所有者の)
  • 自動車税・自動車取得税申告書(運輸局にある)
  • 手数料納付書(運輸局にある)
  • 名義変更申請書(運輸局にある)

これらの書類を全て用意し、最寄りの運輸局で申請します。運輸局は平日の日中しか営業していません。

また書類が足りないと一切受け付けてくれません。

無事に不備なく申請が通ると、およそ30~40分ほどで新しい車検証とナンバープレートが発行されます。

出品者(前所有者)にも印鑑証明書を取得してもらう必要があるなど、ものすごく大変です。運輸局での申請も一般人は戸惑ってしまうのが普通です。

 

ヤフオク中古車の注意点

中古車はヤフオクの中でも特に高額です。オークションとはいえ数十万~100万円超えも珍しくありません。

購入時には細部まで注意が必要です。

  • メーターが改ざんされていた
  • 傷・ヘコみが隠されていた
  • 実は事故歴があった
  • ライトや窓など電気系統に不具合があった
  • 詐欺と思えるほど連絡が取れなくなった
  • 自動車ローンが残ったままだった

などなど上げればキリがないほどに、個人間オークションでの中古車売買はリスクがあります。

中古車なので多少の傷・ヨゴレなどは仕方がないにしても、事故歴やローンが残っているなどは許せないことです。

一応ローン残ってる車を売ることも可能ですが、トラブルは避けられません。揉めます。

ヤフオクで中古車を買うなら、ある程度のリスクを覚悟するしかありません。

 

格安車は非公開車両から探す

ヤフオクの中古車のようなリーズナブルな車を探しているなら、非公開車両からも探してみてください。

まだ市場には出回っていない状態が良く&コスパもいい中古車が見つかります。

非公開車両から探すには定番の「なびくる+」というお探しサービスがおすすめです。

無料&簡単な1分程度の入力で、希望にあった非公開車両を紹介してくれます。

 

まとめ

ヤフオクでの中古車購入は、失敗のリスクは避けられません。

「安物買いの銭失い」にならぬよう、安心の法人運営サービスなどから見つけ出すのがベストです。

その意味でもやはり、非公開車両ほどコスパのいい中古車はありません。

 

ネットに載ってない車!?

一般には出回っていない非公開車両の探し方を当サイトTOPページで紹介しています。

更新日:

Copyright© 【定番】非公開車両から中古車を購入する方法 , 2018 All Rights Reserved.