非公開車両のお探しサービスについて

中古車を探してもらう方法/代行してもらうメリットとデメリット

更新日:

中古車を自分で探すのではなく、探してもらう方法があります。

なにかしらの理由で自分では探せない場合は、専門サービスに代行してもらうことができます。

【無料】中古車を探してもらう方法

探すのが面倒くさい

車のことがよくわからない

自分に合う車が見つからない

上記のように感じたことある方は、あなただけではありません。中古車探しは簡単ではないので、多くの方が同じように感じています。

中古車選びを失敗しないためには、専門サービスに探してもらうという方法も使ってみてください。

自分の力だけでは探せなかったような車を、プロたちが見つけ出してくれます。

もっとも知名度があって人気なのは、東証一部上場会社が運営する「なびくる+」というサービスです。

無料&簡単な1分程度の入力で、希望にあった中古車を、あなたに代わって探してくれます。

\\なびくる+で中古車を探してもらう//

 

【理由】専門サービスならではの仕入れルート

なぜ自分たちでは見つけられないような車を、専門サービスのプロたちだと探し出すことができるのでしょうか。

それは以下3つのクルマをからも探すことができるからです。

  1. 新古車や展示車
  2. オートオークション
  3. 非公開車両

1.新古車や展示車

私たち一般人は普通「新車か中古車」という2種類の選択肢しかありません。

ただし専門サービスのプロになると、業界ネットワークを駆使して、新古車展示車からも探すことができます。

新古車や展示車は走行距離が極めて短く、また状態もほぼ新車の状態に近いクルマなので(扱い上は中古車)、とてもコスパが良いです。

2.オートオークション

中古車を原価で売買するオートオークションというものが存在しますが、一般素人は参加できません。古物商の免許や入会金100万円程度が必要になります。

クルマ業者登録している専門サービスであれば、当然オートオークションにも参加できるので、希望に合った中古車を格安で競り落とし、仕入れることが可能です。

3.非公開車両

ネットには公開されていない非公開車両からも探せるので、より状態や条件のいいクルマを探すことができます。

非公開車両はその名の通り、一般人には公開されていない車のことです。

すべての中古車をカーセンサーなどのサイトに掲載しなければならない義務や法律などは別にないので、業界人ネットワークを通じてしか知り得ない非公開車両は年間60万台もあります。

 

代行・探してもらうデメリット

相場感覚が身につかない

デメリットはほぼないのですが、強いて言うならば、いつまで経っても中古車の相場感覚が身につかないことでしょうか。

膨大な中古車を見ているとなんとなくでも「これは高い/安い」という相場感覚がわかってきますが、業者に丸投げしていること言うことは、当然身につきません。

ただし「相場感覚がわかる=安く手に入る」保証はないので、特にデメリットでもないかもしれません。

 

代行・探してもらうメリット

ラクになる

圧倒的にラクをできるのは大きいです。毎日毎日、入荷情報が更新されるカーセンサーやグーなどを毎日チェックするのは正直しんどいです。

しかも日々中古車のポータルサイトも増え続けているので、それらを全て漏れなく隅から隅までリサーチし切るのは現実的には不可能です。

99%希望車が見つかる

上述したような独自仕入れルートがあるので、希望車がほぼ必ず見つかります。

専門サービスにあらかじめ希望車種・年式・走行距離・カラー・予算などを伝えておけば、あとは全部お任せで探し出してくれます。

見つけ出してくれても現物や写真を見て気に入らならければ、断ってしまって大丈夫です。また次の車を見つけに行ってくれます。

ただし100%ではありません。というのも、あなたが欲しい車がタイミングよく市場に出回っているとは限らないからです。

「予算◯◯万円まで」と上限を決めているならなおさらです。

 

まとめ

中古車を探してもらうなら、東証一部に上場している「なびくる+」を使ってみてください。

カーセンサーやグーなどには出てこなかった車からも探し出してくれます。

\\なびくる+で中古車を探してもらう//

-非公開車両のお探しサービスについて

Copyright© 非公開車両から中古車を購入する方法 , 2018 All Rights Reserved.