非公開車両

非公開車両を見つける唯一の方法は、専門サイトから探すことです。

定番は「なびくる+」というサイトで、東証一部上場会社が運営しているので安心です。

無料&簡単な1分の入力で、希望にあった非公開車両を紹介してくれます。

毎日500台、カンタン登録1分

無料で非公開車両を探す

※迷惑メールが来ることはありません。

 

なぜ希望に合うクルマが出てこないのか?

  • カーセンサー等ではいい車が見つからない
  • これだ!と見つけても、すでに売約済
  • ヤフオクなどで買うのは不安

このような悩み感じたことがあるとしたら、それはあなたが、非常に限られた範囲の中でしか探せていないからです。

世の中にはGooやカーセンサーなどの中古車検索サイトがあり、その中には膨大な情報が載っているように見えます。

しかしながら、実はこれらの情報はほんの一部です。

賢く&お得に中古車を買うのであれば、非公開車両からも探すことが必須になります。

 

非公開車両=業者のみが知る中古車

オークション画像02

カーセンサーより60万円も安く買えた(30代Sさん)

車検がほぼ丸2年残ってるSUVが出てきた(20代Hさん)

非公開車両とは、一般人が知ることができない(=非公開状態にある)中古車のことです。

未公開車両と呼ばれることもあります。

中古車業者だけが知っている情報でもあり、その非公開車両の数は年間600,000台。1日に1,500台以上もある計算になります。

一般的にネット上に出回っている中古車情報は全体の30%ほどでしかなく、残りの70%は我々一般人が見ることはできません

毎日毎日、新たな中古車が追加されますが、それらのホットで新鮮な情報を手に入れることができるのは業者のみです。

非公開車両こそ、条件の良いクルマがたくさんあるのです。

あなたが希望に合った車を見つけられないのは、売れ残りから探しているからかもしれません。

 

なぜ非公開車両が存在するかの理由

意図的に業者が非公開にしているのではありません。

ネットへの掲載・公開作業が追いつかないのです。すべての車をネットに公開しなければいけないという義務も法律もありません。

個人から買い取ったり、カーオークションで競り落としたり、企業から一括大量で下取りしたり・・・など、中古車業者は毎日数多くの “仕入れ” があります。

それらの事務手続きを処理し、点検・整備・清掃をし、売値決定のために細部まで細かくチェックし・・・などの業務が毎日あるのですから、当然ネット上に掲載するまでには長い時間がかかってしまいます。

車本体の点検項目だけでも2,000箇所近くあるとも言われています。新車と違って、中古車である以上、慎重にチェックしなければならない箇所が多いのです。

仕入れてから掲載までに2週間近く経ってしまうということも少なくありません。でも、実際には中古車(つまり商品)は業者の手元にはあるわけです。

ネットへの掲載前に業者間で売買されることもあるため、実はその多くが一般人には公開されないまま多くの中古車が流通しています。

当然ながら、街の中古車屋さんなどに行ってみても、その場で展示されているのは極少量。

すでに売れる状態だけどネット上には公開されていない中古車、非公開車両が年間600,000台もあるということなのです。

 

非公開車両から中古車を探す方法

※なびくる+のHPイメージ

上述しましたが私たち一般人は、ネット上から非公開車両を見ることはできません。

しかしながら、専門サービスを通して、非公開車両を紹介してもらうことはできます。

すべての中古車業者ではありませんが、中には非公開車両の紹介を積極的にしてくれるところがあるのです。

全国の街中でも見かける大手中古車グループのガリバーが運営する、「なびくる+」というサービスは非公開車両の紹介に特化しており、積極的にまだ表には出てきていない良い条件の車を紹介してくれます。

メーカーや予算、年式などの希望条件を伝えておけば、あとは向こうからあなたの希望に合った非公開車両を探してくれるのです。そう、非公開車両600,000台を含めた日本中のすべての中古車から。

もちろん利用は無料。その後も1円たりとも、いっさいお金がかかることはありません。

中古車とはいえ、大きな買い物。損したくないのであれば、こういったサービスを積極的に利用してみるべきです。

無料サービスですし、我々一般人が見つけられないオイシイ中古車を紹介してくれるので、依頼しておいて損はないです。

毎日500台、カンタン登録1分

無料で非公開車両を探す

※迷惑メールが来ることはありません。

 

非公開車両お探しサービスをうまく使うコツ

希望に合ったクルマを見つけるコツは、複数のお探しサービスを同時に利用することです。

各サービスごとでも、メーカーや車種での得意分野や不得意分野があるので、1つだけでなく2~3つくらいから探すのがおすすめです。

同時に利用することで相見積もりを取ることもでき、ちょっとイジワルですが、販売価格を競わせてよりお買い得にするということもできます。

安い買い物ではないので、選択肢は多くあったほうが絶対にいいです。数多くの非公開車両を様々なところから紹介してもらいましょう。

定番どころの非公開車両お探しサービスとしては、なびくる+ズバットです。

どちらも無料なので、まずはここから試してみるのがいいと思います。

なびくる+、ズバットのそれぞれの使い方は以下記事で解説しています。

非公開車両お探しサービス「なびくる+(プラス)」の使い方・登録方法

非公開車両お探しサービス「ズバット車販売」の使い方・登録方法

 

非公開車両を買った人の評判・口コミ

  • 数社から提案来るとは思わなかった
  • 担当者からの連絡が少し多いかも
  • 希望外の車も紹介された
  • 予定よりも60万円も安く買えた
  • 勝手に探してくれるので、かなりラク
  • 車に詳しくないから、安心して任せちゃった
  • 自分では見つからなかった希望条件の車を
  • めったに出回らない展示車両をゲット

もちろん完璧なサービスではないので、良い評判だけでなく、悪い評判もあります。

評判・口コミについては、以下記事でまとめています。

【非公開車両】評判は?購入者の口コミ感想ー・体験談レビューを紹介します

 

非公開車両のデメリット・メリット

  • デメリット:相場感覚が身につかない
  • メリット:ラクになる
  • メリット:99%希望車が見つかる

もちろん非公開車両にはデメリットもあります。

自分では探さないので相場感覚がわからず、提案された車が適切かどうかの判断が鈍ります。

ただし、メリットも当然あります。

どちらも知った上で、ご自分にとって必要かどうかを見極めてください。

詳しくは以下記事で解説しています。

中古車を探してもらう方法/代行してもらうメリットとデメリット

 

損したくないなら非公開車両を

今回紹介したなびくるなどのサービスを使うと、一般人が普通は見つけられないような中古車をサクッと見つけてきてくれます。

毎日毎日PCやスマホにしがみついて検索していた自分が懐かしいほどに、いとも簡単に見つけてきてくれます。さすがのプロという感じ。

利用料は完全に無料(一部有料なども一切なし!)ですので、登録しない理由がありません。

中古車選びにおいて損をしたくないのであれば、まずは定番なびくる+を使ってみることをおすすめします。

 

非公開車両についてのQ&A

Q 紹介料などを別途とられる心配はないのか?

A ないです。非公開車両を紹介してもらったからといって、余計な紹介手数料を請求されることはありません。最初から最後まで完全無料です。

Q 非公開車両は、事故車などではないのか?

A 事故車ではありません。普通の中古車と同じ状態ですが、単にネットや情報誌に公開されていない車のことです。

Q 実際に非公開車両お探しサービスを使った人の声を知りたいのですが?

A はい。非公開車両、購入者の口コミ・体験談・評判をご覧ください。

Q 明確な希望車種などなく、漠然としたイメージのみでもOKか?

A 大丈夫です。その漠然としたイメージから汲み取って、プロが複数台を提案してくれます。備考欄に希望詳細を入れておけばOKです。

Q 優先的な「入荷待ち」はできますか?

A できます。現在は在庫がなかったとしても、非公開車両の中から希望条件の車が見つかり次第、優先的に連絡してもらえます。

Q 探してもらった非公開車両を買わなくてもOKですか?

A OKです。見つけてきてくれた中古車の詳細情報などを確認し、気に入らななければもちろん購入しなくても問題ありません。罰則などは一切ありません。

 

姉妹サイト

ローン中の車を売るも運営しています。

更新日:

Copyright© 非公開車両から中古車を購入する方法 , 2018 All Rights Reserved.